小学校での体育の先生の楽しい遊び

私が小学生の3年4年の時に体育が得意な先生が担任でした。その先生自身それほど勉強熱心でなく、極力自分の得意な体育の時間を多くしようとしてくれました。ある時掃除箱からやり残したテストの紙がでてきたくらいです。
その先生がよくやってくれた遊びが、名前を忘れてしまったのですが、クラスの半分でチーム分けをして、基本的に2人ペアで手を繋ぎ、相手のチームのペアとじゃんけんして勝っていって先に王様ペアを見つけて勝利したチームが勝ちというゲームなのですが、いろんなルールがあり面白くてクラス全員で夢中になっていました。
例えばミサイル、核兵器など、今ではあまり小学生のゲームで取り入れる言葉としてはふさわしくないかもしれませんが、各チームでそのペアを決めて、そのペアは無条件にじゃんけんで勝利することができたり、いかに王様とばれずに逃げ切るかや、逆に武器であることを隠して相手チームを倒す作戦を考えたりとチームで、ペアで頭を使いながら運動場を走り回り体を動かすので、大人になってからも面白かったなぁと思い出す楽しいゲームでした。
また、ペアは毎回男女ペアで、男子と女子が分かれて番号を決めて、同じ番号の人とペアになり手を繋いで走るという、小学生ながらにペアになる人に期待したり、ドキドキした記憶もあります。
人数が多くないとできないゲームですが、今の小学生達にもやってあげてほしいゲームです。
今でもそのクラスメイトは当時と変わらず仲が良く、クラスのムードをよくするゲームでもあったのかなと思います。買ってみたいけどシミウスの口コミが知りたい。