代々木公園や新宿駅舎などで見掛ける外側で楽器を奏でる人について

最近は公園や散歩道、河川敷などで、楽器のレッスンをやる人間が減ってきてしまったような気がする。多くのひとは恐らくそれに気付かないだろうが、ウォーキングをエンターテイメントと始める人間にとっては、目に付き易いことだ。
先日は三味線を河川敷でレッスン講じる人間に出会った。和風の拍子を練習してある。曲名は分からないが、とても心癒される旋律です。楽器と言っても、とりわけ和楽入れ物をレッスンやる人間は短いだろう。あたいがこれまで会った人間陣は、テナーサックス、ギター、トランペット、フルート、と欧米の楽器を奏でる人間陣です。だが稀に夏場になると、おイベントの篠笛を奏でる方に出会うこともあった。
こうして思い返すと、和楽入れ物を奏でる人間というのが余りにも珍しいことに気付かされた。している時々多くの人間には感性されにくいせいか、多くの人間に知れ渡っているという思い込みは受けない。身近な日本のカルチャーという割合は、実際の楽器や公演がどのような物品なのか、私も含め多くの人間に知られていないのではないかと感じた。
ウォーキングしている時に耳に混じる調から、このように様々なことに気付かされた。あとそれから近頃の、三味線を弾いていた人間には、拍手を送ったのだった。和楽入れ物がとてもめずらしく察するせいか、つい拍手をしたくなってしまった。それから、最近の暑いしている時、まるで「砂漠のしている時のオアシス」と言うかのように、三味線の呂律に癒された。
この機会がまたあれば、ととても心躍る気持ちです。